2008年7月4日金曜日

なんば、玉製家の”きなこのおはぎ”を買いに!

 昨日は外に用事があったのでついでがてらに食べログで有名ななんばの和菓子の名店、玉製家に行ってきました! ここは日曜と祝日がお休みなのでなかなか行ける機会がなかったです。店内は意外と狭かったのですが、ショーケースに日本的な土人形が飾られていたりして品がありました。 なんか店内は明治・大正時代みたい

 人気の黄な粉ばかりを8個入りで購入しました! 迷惑だったかな?ほかにつぶ餡とこし餡のおはぎがあります。

 きなこのおはぎの中身は餡子の入っていないもち米だけですが、この餅米は形が残っていて丁度いい粘度で炊かれており、おにぎりみたいになっていて黄な粉がまぶされています。このきなこの甘すぎない甘さ加減と薄い塩加減が絶妙なところが人気の秘密なのだと思いました。食べていると黄な粉のしゃりしゃりした食感もいい感じです!

 こういうほっとする味は前にブログで紹介した”だんご庄”とも共通すると思います。
 違う点は大きいので食べているときに黄な粉の味も中のもち米の部分の味が別々にして次第に口のなかで渾然一体になっていく変化のプロセスかな

大和名物、だんご庄のおだんご!

2 件のコメント:

たまのママ さんのコメント...

きな粉・・・美味しいですよね。
私は、買って食べる『おはぎ』と言えば、丹波やのおはぎかサザエのおはぎしか食べたことがないです(苦笑)でも、中にあんこが入ったのしか買わないから。
JJさんが買われた、きな粉だけっていうのももち米の味がよくわかって美味しそうですね。
食べてみたいなぁ~。
おなかがすいて来ました。。

JJ さんのコメント...

ここはきなこが売り切れ易いそうで笑福亭鶴瓶さんもファンだそうです。
 和菓子といえば来週の月曜からMBSで貫地谷しほりさんの”あんどーなつ”の放映が開始されますが、”おせん”の最終回がショックだっただけにどうなるのか不安です。