2008年3月11日火曜日

山本屋本店で名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん!

 熱田神社からの続きです。最初は地下鉄 矢場駅で降り、松阪屋南館10Fにある"あつた蓬莱軒"で有名な”ひつまぶし”を食べようと思い、開店の11:00に向かったのですが、すでに60人以上の行列ができていました。これではライブに間に合わないと思い、夕飯の候補にしていた味噌煮込みうどんのお店に向かいました。地下鉄1日乗車券があるので、隣駅の栄駅まで行き、中日ビルのBF1にある山本屋本店に入りました。ここも入った途端に行列ができたので運が良かったです。

 名古屋の味噌煮込みうどんには山本屋本店と山本屋総本店の2大派閥があるみたいです。この本店で名古屋コーチン入りを頼みました。おろししょうがが添えられた漬物(きゅうり浅漬け、白菜、山葵?)が食べ放題みたいでした。

 味噌煮込みは、ぐつぐつと鍋から煮立って汁がお盆に吹きこぼれていました!味噌の跳ねからの防護用の前掛けもついてました。名古屋特有のアルデンテ?の麺でした。食べてる途中で、こうした食べ方だと味噌の旨味で名古屋コーチンの鶏の旨味が引き立たないと思いました。いい肉なら塩だけとかシンプルなほうがいいかもしれないです

2 件のコメント:

たまのママ さんのコメント...

蓬莱軒の“ひつまぶし”は有名だから、仕方ないかも知れないけれど残念でしたね。
“味噌煮込みうどん”・・・美味しかったたでしょうねぇ。大好きです。。
あの味は、名古屋じゃないと食べられないですね!!

“味噌カツ”の味噌も美味しいですよね。八丁味噌で真似して作ったりしますが、やっぱりイマイチです。

JJ さんのコメント...

ライブで並んだので本格的な夕飯は取れなかったです。"矢場とん"の味噌カツも食べてみたかったです!