2008年5月29日木曜日

Lily Of The Valley at BIGCAT、羊毛とおはな、坂詰美紗子、竹仲絵里、土岐麻子さんら出演(MC:吉村昌広 FM802)に行ってきました!

 アメリカ村のショッピングモール、BIGSTEPは地下二階から7階までの吹き抜け構造の奇抜な建物です。地下鉄 心斎橋駅から歩いてすぐのところにあります!
 このなかにあるライブハウスBIGCATで行われた「Lily Of The Valley 」という羊毛とおはな、坂詰美紗子、竹仲絵里、土岐麻子さんらが出演するライブイベントに行ってきました(http://www.greens-corp.co.jp/liveaholic/2008/05/lily_of_the_valley_1.php)。
 「Lily Of The Valley 」とは鈴蘭のことでヨーロッパ(ドイツ?)では5月1日に大切な人の幸せを祈って鈴蘭を贈る風習があるそうで、それにちなんだタイトルで歌を贈ろうという企画だそうです。
 竹仲絵里さん以外の方は皆さん、初めて体験するライブでした。新譜を最近出された方や近日発売の方ばかりだったのでプロモーションを兼ねたライブだったと思います。

 BIGSTEPの宇宙要塞みたいな円形エレベータに乗って開場の少し前に到着しました。既に並んでいるminä perhonenの服の方々はたぶん竹仲絵里さんのファンなんだろうなと思いました。

 イス席が出るようなことが書かれていたの事前にBIGCATについて調べたところ、スタンディングなら最大収容数800人のライブハウスということでイス席についての詳細は分かりませんでした。
 入ってみたところ、横20列、縦10列の200脚ほどイスが出ていました。舞台の両袖には日比谷花壇 作製のLily of the Valley(すずらん)をモチーフにしたステージ創花で飾られていました。

 覚えている限りのセットリストと感想を書いてみます。初めての方のライブは曲名を音で覚えておいてamazonで読みをチェックしましたが、全て聴き取れなかったりしました。竹仲絵里さん以外の方ははあやふやです。

 最初は「羊毛とおはな」さんで”おはな”という女性ボーカリストと”羊毛”というアコースティックギターの男性ギタリストの二人組みユニットで、以下の6曲でした。ボーカルワークも安定していて、英語のカバー曲も良かったです。イチローが出ているENEOS(新日本石油)のCMのバックで流れているのが「羊毛とおはな」さんの曲だそうです(http://www.eneos.co.jp/company/about/cm/dd/index.html)。声質は安藤裕子さんが近いのかと思いました。名前の由来はインターネットのライブメンバー探しのサイトでのハンドルネームだそうです。リビングルームでゆったりとライブを行うというコンセプトだそうでうす。近々限定カフェライブを行うそうです。また、6月5日(木)と6月12日(木)に梅田で「1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY」というイベントが行われるのですが、6月5日の[西梅田ナイト] のときに明治安田生命大阪梅田ビル東特設ステージで野外アコースティックライブ Twinkle Love-Liveというフリーライブに出演されるそうです(http://www.candle-night-osaka.jp/event/live.html)。

1. falling
2. レモン
3. Englishman in New York
4. 人魚
5. おまもりのうた
6. 手をつないで

 二番手は坂詰美紗子さんで5/27が誕生日だそうで本日がバースデーライブでした!コーラス2人、パーカッション、ドラム、ギター、ベース、坂詰美紗子さん自身がキーボードとボーカルも兼ねる7人編成でした。会場側でスピーカー音量をかなり上げていてハイテンションの構成でした。坂詰美紗子さんはかなりアグレッシブに表現する人でした。Hey!Hey!Hey!に出演されるそうでライブ会場にいた人だけにわかるサインとして番組中でメガネに人差し指をあててくれるそうです。

1. (曲名不明、長い前振り演奏のキーボードワークのデモンストレーションが見せ場でした)
2. 可愛くなくても譲れない
3. 恋におちたら(クリスタルケイに楽曲提供した曲のセルフカバー)
4. (曲名不明、ソロでキーボードとボーカルの実力を見せてくれました)
5. 恋の誕生日(最後にハンティング帽が飛ばすほど入り込んでいました)

 三番手は竹仲絵里さんでした。今日は孔雀の羽の耳飾りでした。サポートメンバーは松岡モトキさんと小林建樹さんの3人構成でした。ゆったりしたリズムで声が浸透してくるというか、歌詞がすごく頭に残ります。6月4日に発売を控えたNewシングル「シャリラリラ/ファイファイ」のシャリラリラがライブで初披露されました。シャリラリラはアップテンポのリズムで、車の窓を全開にあけて疾走していくような気分になる曲でした!(TBSの「日立 世界ふしぎ発見!」のエンディングテーマソングとして流れています)。竹仲絵里さんは中低音域のボーカルの魅力と言われますが、中低音域の声と同時に高音域も混ざっているような気がします。キーボードの小林建樹さんはのってくると仰け反って白目をむきながら演奏しているので、こちらにもつい目を奪われてしまいます!

1. サヨナラ サヨナラ
2. 種
3. 話そうよ
4. シャリラリラ
5. 黄色い花(ソロ、キーボードとボーカル)

 ラストは土岐麻子さんでした。パーカッション、ギター、ベース、土岐麻子さんのボーカルの4人構成でした。土岐麻子さんは和服のような広い袖の淡いグリーンの洋服で、靴が赤ピーマンのように真っ赤で緑のヘタ?がついた赤と緑の逆色のコーディネートの奇抜な色彩感覚の衣装でした!この人はボーカルの切り回しが早く怜悧な感じを秘めながら軽やかに歌い上げていました。

1. Walk On
2. 私のお気に入り
3. ファンタジア
4. Smilin'
5. September

 各出演者のライブが終わるたびにFM802の吉村昌広さんと出演者のトークがありました。吉村昌広さんはかなりお笑いのセンスがある方でFM802のサイトの写真では帽子をかぶっていて分からなかったのですが、もみあげ以外にモヒカン?なのかすごいヘアスタイルでした!(http://funky802.com/service/Dj/index/36/ ライブは午後7時5分に始まって10時頃に終わりました。長編映画並みの充実した時間を過ごせました。外は日が暮れて真っ暗で、自由の女神がライトアップされていました。

4 件のコメント:

たまのママ さんのコメント...

クリスタルケイの“恋におちたら”っていう曲は、今日JJさんが聞きに行かれたライブの坂詰美紗子さんていう方が楽曲提供したんですか??
クリスタルケイと比べてどうでしたか??
あの歌、私は大好きです。エスカレーターを登っていくところのシーンがあるあのPVも好きです。
楽しいライブだったんでしょうね。

JJ さんのコメント...

“恋におちたら”で19才のときに楽曲提供者としてデビューしていて、その他にもBoAさんの曲とかいろいろあるそうで、今年に本人がメジャーデビューしたそうです。キーボードを弾きながらで綾戸智恵さんのようなもっと激しい感じでした。

たまのママ さんのコメント...

またまたコメントさせてください。
今朝、何のテレビが忘れちゃったけど、坂詰美紗子さんを見ました~。
JJさんが書かれたことと同じ事を言ってる~と思いながら、テレビを見てました。

JJ さんのコメント...

明日の日曜日は午後3時からタワーレコード梅田大阪マルビル店でインストアライブをやると言われていました。楽曲製作ではデビュー前からヒットメーカーらしいです!