2008年5月16日金曜日

日経WinPC 4月号のオススメPCスピーカーの記事について

 価格.comのPCスピーカーについてのクチコミで話題に出ていたのでPCスピーカーの記事に惹かれてBook offで見つけてきました!

 「PCサウンドでもここまで鳴らせる AV評論家も納得のこだわりスピーカー」という特集記事です。プロのAV評論家やオーディオマニアの3人が5段階評価で採点するという内容です。プロレベルの耳ならこちらの感覚よりも優れているのかなと思ったからです。

 読んでいて問題かなと思った点は、3人の方の年齢がかなり高いことから判断すると18kHzくらいのモスキートボイスと呼ばれる高音域の聴き取り能力は落ちているのではないかと思いました。個人差はどれくらいなのだろう?探偵ナイトスクープで子供が聴き取れても大人には聴こえない音があるという話がありましたので、絶対音感があるお子さんなど年齢層の違う評価者をいれたほうがいいのではないかと思いました。後は機種を見せずに音だけで判断させるブラインドテストの導入でしょうか。

 あとの問題は評価に使われたメーカーが、「オンキヨー」、「ソニー」、「タイムドメイン」、「日本エム・イー・ティ」、「ハーマンインターナショナル」、「フォステクス」、「べリンガー・ジャパン」、「ボーズ」、「ヤマハ」、「ローランド」と限られていて「ロジクール」とかは入っていなかったことです。取り上げられたメーカーの兄弟モデルの紹介記事があったので、内容には記事広告の側面があるかもしれないと思いました。
 
 記事の最終的なオススメは1位が”FOSTEX  PM0.4”で3人が5点満点の15点でした。これは再生周波数帯域 :60Hz~30kHz のプロフェッショナル・スタジオ・モニターだそうです(実売14,800円くらい)。2台のユニットのそれぞれにアンプが内蔵されていて電源が2箇所いること、少しサイズが大きいこと、低音域の再現性が低いくらいが欠点だそうで、この記事の効果か在庫切れで納入待ち状態みたいです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=344%5EPM0.4

 2位が”Onkyo GX-100HD”で2人が4点、1人が5点の13点でした。

3位が”BOSE M2”で3人が4点の12点でした(これは今のところ実売4万円弱です)。価格.comには兄弟機の”BOSE M3”最強伝説があるような気がします。

 もう少し早くこの記事を読んでいたらフォステックスのPM0.4を買っていたかなー

 PM0.4は低音域が弱いそうなのでサウンドボード上でサブウーファーユニットのあるロジクールのZ4と併用できるのならやってみたいなと思いました(無理かもしれない?)

このブログの関連記事
日本橋でロジクールのPCスピーカー Z4
スピーカーの超高音域の再生機能の意味とハイパーソニック効果の謎!
大阪市内のタワーレコードとCD購入について!
AppleのiTunes CardとGeniusとアートワーク設定について
大阪ハイエンドオーディオショウ 2009 at ハートンホテル心斎橋 別館!(心斎橋)

4 件のコメント:

TAKI さんのコメント...

ヽ(。>д<)p【+。・オハヨウゴザイマス。・+】q(・д・`)ノ

PCのスピーカー購入予定なんですか?

モスキートボイスは先日見たドラマ
『新・科捜研の女』で小学生の女の子が
事件現場で「蚊の跳んでる音がする」と証言。
彼女の母は「今の時期に蚊が跳んでる訳ない」と
信じませんでした。
が、それがキッカケで犯人にたどり着くというお話しがありました。

雑誌の評論家も幅広く集めてもらいたいものですね。

JJ さんのコメント...

 2月にZ4を購入しました。価格.comのクチコミ情報で選択したのですが、サブウーファーがあるだけで大分と変わりました。

 メーカーからサンプルの供与、または借りた時点で公正な記事は期待できないと思うのですが、編集部代表の方の採点が一番甘かったです。評価者も男性ばかりなので女性も入れないとと思いました。

 科捜研といえば、よくテレビに出てくる声紋分析の先生とかに機器を使った客観的な分析をして欲しいな(実音声とCDからの出力の分析の比較とか)

chikabom さんのコメント...

はじめまして
chikabomと申します
BlogPetの[抹茶蒸しパン・プロフ]が気になって来てしまいました^^

モスキートンヴォイス
私はドラマで知ることになったのですが
確かに評価を下す側の耳がどこまで受け付けられているのか気になるところですね><
各年齢判別は私も賛成です
ではでは
またお邪魔しに来ます

JJ さんのコメント...

あそびにきてくれてありがとうございます(*^o^*)
 この手の雑誌は広告収入の依存度が高いので仕方がないかもしれませんね。高級機器に凝るオーディオマニアにはゴルフと同じ年配の男性の趣味みたいな印象があるので雑誌としての権威付けには良かったのかもしれませんね。